HARIとBARIの比較

Excelなら
エクセルカードHARI
脱Excelなら
カードボックスBARI
Excelが好き。
Excelの操作なら使い慣れている。
データ入力・データ管理・印刷の機能だけに絞ってシンプルに管理したい。
データをコピペで引き継ぎたい。
Excelから脱却したい。
複数人のデータ管理はExcelではダメだと思う。
Excelでは集計に時間がかかる。
データを共有したい。
同時編集したい。
レポートはExcelで作成したい。(クリック操作でデータをExcelに挿入することで、Excelの書式設定機能を使えます。)

HARIとBARIを使うメリットは?

 


クラウドデータベースGANSOとは

 

クラウドデータベースGANSOは、離れた場所でもインターネットでデータベースを共有できるシステムです。

クラウドサービスが普及した昨今では、アカウントを作成するだけでアプリやシステムを利用することができ、環境設定が不要ですので非常に便利です。
ただし、ブラウザで動作するシステムは開発コストがかかります。※開発効率上の理由から
クラウドサービスは、多くのユーザーに利用されることでその問題を解決しています。
しかし、多くのユーザーが使うサービスはユーザーが必要とする機能の共通部分をシステム化しているため、独自に必要な機能を追加できない問題を抱えています。
そこで、独自にシステムを開発する方法としては言語から始まり数多くの選択肢がある中で、開発ツールとしてよく使われるものにMicrosoft AccessやFileMakerがあります。
(※データベースソフトのシェアはBCN AWARDサイト等でフラットに評価できますが、TSUTAYAの技術書コーナーに行けば一目瞭然でしょう。)
その中でもAccessはオンプレであるため、複数ユーザーがデータ共有するにはサーバー環境の構築や各ユーザーの動作環境の設定が煩わしいというデメリットがあります。
クラウドデータベースGANSOは、AccessとAzure SQL Database Azureで開発することで、オンプレシステムの動作環境構築のデメリットを解決し、オンプレシステムの長所を活かしたままデータ共有できるサービスです。
(※例えば、EvernoteのWEB版アプリとデスクトップ版アプリを比較すると、WEB版アプリの機能が低いことは明らかでしょう。Microsoft Excelのオンライン版とデスクトップ版を比較しても同様です。その原因の1つに開発効率です。)